エイセットブログ 世界に出とくべきやな、そら

will or be going to ?

これも会話の中で正しく使うのは結構難しいと思います。

中学校で、未来のことを言うときはWillです、
と習った記憶があります。
ところがどっこい、nativeの人たちは下のように使い分けています。
基本的な使い分けです。

Jon : What is your plan for this weekend, Alice?

Alice : I am going to go to the cinema with my friend on Saturday night.
We are going to see the new Johnny Depp movie.

Jon : That's sounds nice!  How about Sunday?

Alice : Um, I haven't  thought about that.
I will probably stay at home and relax or maybe I will clean my room.

違いはわかりましたか? 要するに、
すでに決まっている未来の予定や事柄(土曜日の夜に友達とジョニー・デップの新しい映画を観に行く)
を言う時にはbe going to、

まだ決まっていないがそうするであろう(日曜日は家にいてリラックスして、部屋の掃除をする)、
もしくはその場で未来の予定を立てようとする時はwill、

を使います。

ですので会話の中で、これから何をするの?、明日の休みは何をするの?
などの質問に対してはbe going to を使うことが多いと思います。

nativeが実際話しているのを聞いて、どういう場面でbe going toまたはwillを
使っているのかを聞き取ってください。
そしてそれらを会話の中で使ってください。
少しずつ正しい使い方が出来る様になってきます。

ちなみに、
Enjoy the party. (パーティ楽しんで来てね)
Have a nice trip. (良いご旅行を)
などを人から言ってもらった時には
I will. Thank you. と返します。

早速会話の中で使ってみましょう。
 

ワーキングホリデーをお考えの方は京都烏丸御池のa.set

投稿者:a.set

コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック

トラックバックURL: http://www.a-set.jp/mt/mt-tb.cgi/93


最新の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

まずはお気軽に無料体験レッスンにお申し込みください。
お申し込みはこちら お電話でのお問い合わせは075-585-8522

【電話受付時間】
平日 9:00~21:30(土曜日は18:00まで)

留学でお悩みの方へ!京都で留学無料カウンセリング実施中!

現在、留学を予定されている方へ不安や悩みなどお気軽にご相談いただけるよう無料でカウンセリングを実施しています。ご希望の方はお電話いただくか専用フォームよりメールでご連絡ください。

お申し込みはこちら
派遣英会話レッスン!京都で無料体験実施中!

現在、派遣英会話の無料体験レッスンを実施しています。ご希望の方はお電話いただくか専用フォームよりメールでご連絡ください。

お申し込みはこちら
  • TOEIC特訓クラス
  • 京都の大学生・大学院生・研究者の方々へ
  • 無料体験レッスンからレッスン開始までの流れ

生徒様の声

エイセットブログ