エイセットブログ 世界に出とくべきやな、そら

民泊激減?

近年旅行者の間で宿泊のひとつの主流な形になりつつある民泊。
現地の人が、自宅や所有している家屋、マンションなどを
宿泊者用に改築などをして旅行者に貸し出すスタイルの宿の事を言います。
海外から日本にくる旅行者の多くもこの民泊を利用しています。

今年は民泊にとって大きな転換期になるかも知れません。
6月15日から民泊新法(住宅宿泊事業法)が施行されます。
一言で言うと、届出さえすれば一般の住宅でも宿泊業が出来るようになります、という法律です。
しかし1年中ずっと営業が出来るわけではありません。
営業できるのは最大で180日まで、と新法では定められています。
しかもこの日数は各都道府県の自治体によって決める事ができます。

例えば民泊をあらたに始める場合は、関係各所に届出をしなければいけません。家主は都道府県へ、管理者は国土交通省への登録が義務付けられ、民泊のホストとゲストをマッチングする民泊プラットフォーム運営事業者は観光庁への登録義務があります。
とてもややこしそうです。

この新法の背景にはもちろん無許可での民泊営業の防止やトラブルを未然に防ぐ意図があります。京都でも近年、民泊利用者と近所の住民とのトラブルも見られます。


そんな流れを受けて、民泊の仲介世界最大手のエアビーアンドビーは、
日本国内の許可がない宿泊施設の掲載を取りやめました。
今年の初めには約6万2千件の民泊が掲載されていましたが、
6月4日時点ではなんと約1万4千件まで減っています。
一部では自主的に民泊を止めた家主もいる様ですが、
エアビー社が、違法民泊の恐れがあると判断した4万件以上の施設の掲載を取り止めた事になります。

2013年
にサービスを初めて以来、
急激
に登録施設を増やして業績を伸ばしてきましたが、
今回の大きな
変化は彼らのビジネスにとっても転換期になりそうです

 

投稿者:a.set

コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック

トラックバックURL: http://www.a-set.jp/mt/mt-tb.cgi/882


最新の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

まずはお気軽に無料体験レッスンにお申し込みください。
お申し込みはこちら お電話でのお問い合わせは075-585-8522

【電話受付時間】
平日 9:00~21:30(土曜日は18:00まで)

留学でお悩みの方へ!京都で留学無料カウンセリング実施中!

現在、留学を予定されている方へ不安や悩みなどお気軽にご相談いただけるよう無料でカウンセリングを実施しています。ご希望の方はお電話いただくか専用フォームよりメールでご連絡ください。

お申し込みはこちら
派遣英会話レッスン!京都で無料体験実施中!

現在、派遣英会話の無料体験レッスンを実施しています。ご希望の方はお電話いただくか専用フォームよりメールでご連絡ください。

お申し込みはこちら
  • TOEIC特訓クラス
  • 京都の大学生・大学院生・研究者の方々へ
  • 無料体験レッスンからレッスン開始までの流れ

生徒様の声

エイセットブログ