エイセットブログ 世界に出とくべきやな、そら

京都市宿泊税を導入へ

 国内外からの観光客の急増に伴い、京都市では市バスなどの交通機関の混雑や、
ホテル、旅館などの宿泊施設の不足が深刻になっています。

そんな状況を改善しようと京都市は2018年10月を目途に、
市内の宿泊客に対して課税をする宿泊税の導入を決めました。

この宿泊税は東京都と大阪府が先行して導入をしていて、
京都市がそれに続く形となります。
京都市の宿泊税は修学旅行に参加する生徒や引率者を除くすべての
宿泊施設利用者に課税されます。
ホテル、旅館、簡易宿泊所の他、民泊の宿泊者からも徴収する予定です。

課税額は一泊の宿泊料金が2万円未満の場合は一人一泊200円、
2万円以上5万円未満で500円、5万円以上で¥1,000.となっています。
東京都や大阪府では、宿泊料金が1万円未満は課税しておらず、
全宿泊施設への課税は全国で初めてになるそうです。
この宿泊税が導入されれば年間税収は約45億円円増加する見込みです。
凄い額ですね。。
税収は交通機関の整備の他、文化財の保護や環境保全にも充てられる予定です。

市バスの混雑を筆頭に、交通機関の整備は観光客を受け入れる上で重要な課題だと思います。
また京都の文化財は国内外の観光客を惹きつける魅力的なコンテンツの一つだと言えます。
これらを良い状態に保つのにはお金がかかります。
そのお金を京都に訪れた人に少しずつ負担してもらう事に関しては賛成です。
京都に限らずどこの都市でも旅行者を受け入れる態勢を整えて、より魅力的な
場所にするにはお金が必要になります。

上手く財源を作り、効率的に観光客を受け入れる態勢を作って、
観光客に満足のいく旅をしてもらえる環境を作る事が、10年先、30年先の
京都の評価に繋がっていくと思います。

普段住んでいると当たり前の事が、京都を訪れる観光客の人達には
新鮮に映ります。そんな旅行者気持ちを汲める都市にする事が出来れば、
より魅力的な街になると思います。
 

投稿者:a.set

コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック

トラックバックURL: http://www.a-set.jp/mt/mt-tb.cgi/873


最新の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

まずはお気軽に無料体験レッスンにお申し込みください。
お申し込みはこちら お電話でのお問い合わせは075-585-8522

【電話受付時間】
平日 9:00~21:30(土曜日は18:00まで)

留学でお悩みの方へ!京都で留学無料カウンセリング実施中!

現在、留学を予定されている方へ不安や悩みなどお気軽にご相談いただけるよう無料でカウンセリングを実施しています。ご希望の方はお電話いただくか専用フォームよりメールでご連絡ください。

お申し込みはこちら
派遣英会話レッスン!京都で無料体験実施中!

現在、派遣英会話の無料体験レッスンを実施しています。ご希望の方はお電話いただくか専用フォームよりメールでご連絡ください。

お申し込みはこちら
  • TOEIC特訓クラス
  • 京都の大学生・大学院生・研究者の方々へ
  • 無料体験レッスンからレッスン開始までの流れ

生徒様の声

エイセットブログ