エイセットブログ 世界に出とくべきやな、そら

英英辞典 英語で考えるくせをつける

英語を勉強されていて、辞書を使われる方も多いと思います。
辞書はどのように使われていますか?

例えば英語の本や文章を読んでいて
分からない単語が出てくると辞書を引いてみる、
という方が多いと思います。
スマホや電子辞書を使われている方もたくさんおられます。

今回は、より英語の上達に役に立つ
辞書の使い方を考えてみましょう。

例えば、英語の文章や小説を読んでいる時に分からない単語や表現が
出てくると、英和辞典を引いて日本語で理解します。
そこで、辞書をすぐ調べるのではなく、まずは分からない単語の意味を自分なりに
推測してみるのが大切だと思います。
前後の文脈からみて、大体どういう意味になるのか、を先に考える事がポイントです。
単語の意味を推測して、考えるというこの作業が大事です。

なぜならば、辞書で調べてすぐに意味がわかるよりも
意味を推測する作業をした方が、後々頭の中に残り、
忘れる確率も低いと思われます。
また前後の文脈も見る事から、その単語が文章の中で
どういった形で使われるのか、という事を知ることが出来ます。

英和辞典を使い、その時に日本語で意味がわかっても
次に同じ言葉が出てきても覚えている確率は少ないと思います。
たとえ覚えていても、その言葉を正しく文章や、実際の会話の中で使えるかと言うと
一度や二度ほど辞書の中で見ただけでは難しいと思います。

そこでお薦めしたいのが英英辞典です。
なぜ英和辞典より英英辞典を薦めるかと言うと

1 : 英語で考えるくせがつく
2 : ボキャブラリーが飛躍的に増える
3 : 英語で例文が載っているので、実際に会話などでどの様に使うかがわかる。

英英辞典を使い始めの頃は、少しつらく感じるかも知れません。
わからない語彙の意味が知りたいのに、なんで説明が英語やねん、という風に。
しかしそれがいいのです。 そこがポイントです。

英語を話す時を考えてみましょう。
理想的なのは、頭の中で日本語から英語に訳して英語を話すのではなく、
英語で考えて英語で話す事です。
上記1にもあります様に、英英辞典はそれに役立ちます。
英英辞典を使い出すと必ず、語彙力、それから英語で考えるくせがつき始めます。
是非、英英辞典使ってみてください。

投稿者:a.set

コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック

トラックバックURL: http://www.a-set.jp/mt/mt-tb.cgi/832


最新の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

まずはお気軽に無料体験レッスンにお申し込みください。
お申し込みはこちら お電話でのお問い合わせは075-585-8522

【電話受付時間】
平日 9:00~21:30(土曜日は18:00まで)

留学でお悩みの方へ!京都で留学無料カウンセリング実施中!

現在、留学を予定されている方へ不安や悩みなどお気軽にご相談いただけるよう無料でカウンセリングを実施しています。ご希望の方はお電話いただくか専用フォームよりメールでご連絡ください。

お申し込みはこちら
派遣英会話レッスン!京都で無料体験実施中!

現在、派遣英会話の無料体験レッスンを実施しています。ご希望の方はお電話いただくか専用フォームよりメールでご連絡ください。

お申し込みはこちら
  • TOEIC特訓クラス
  • 京都の大学生・大学院生・研究者の方々へ
  • 無料体験レッスンからレッスン開始までの流れ

生徒様の声

エイセットブログ