エイセットブログ 世界に出とくべきやな、そら

イギリス留学情報 =イギリス最新ESVV申請=

今日はイギリスのESVV(Extended Student Visitor Visa)のご紹介です。

ESVV(最長11か月まで滞在できるビザです)
2011年1月より新たに導入されたタイプのビザです。
6ヶ月では短いと考えている、語学学校に行く人にとっては、
最長1年近く滞在できるので、利用者が増えてきている人気のビザです。

※英語力証明を提出する必要はありません(学生ビザは英語能力を証明する必要があります)
※基本的に語学学校以外の学校に通う事は認められていません
※アルバイトをすることは出来ません
※現地での滞在期間の延長は出来ません

<申請必要書類>
◆学校から発行された入学許可書(原本が望ましいですが、コピーでもビザ取得できています)
◆資金証明ができるもの(銀行の通帳、取引明細書+これらの翻訳証明書もつける)
過去28日間をさかのぼって十分な資金がある事を証明する
ロンドン内 : 1000ポンド X 9か月 = 9000ポンド以上
ロンドン外 : 800ポンド  X 9か月 = 7200ポンド以上

ご家族の通帳を資金証明として使われる場合は、
申請者と通帳の持ち主の関係を証明する戸籍抄本が必要です。
また資金を援助するという援助者からの同意書を用意すると安心です。

◆ビザ申請予約確認書 (VFSのサイトより申請予約をして、確認書をコピーしたもの)
◆航空券予約確認書 (旅行会社から発行された往復の航空券の予約書)
◆パスポート (古いものがある場合は古いものも用意)
◆証明写真 (35mm X 45mm パスポートサイズ)
◆オンライン申請を行ったビザ申請書 (http://www.visa4uk.fco.gov.uk/Welcome.htm
◆クレジットカードにて申請料を支払います(144ポンド相当)

その他用意すると望ましいもの
★滞在先の詳細 (ホームステイ、フラットなど)
★学生の方 (在籍している学校の英文の成績証明書)
★社会人の方 (過去3から6ヶ月の給料明細の翻訳書面)

イギリスへ行かれる方で、
ESVVの取得を希望される方は、お気軽にお問合せください。
詳細、ご相談ください。

注意:ビザの申請ルールは頻繁に変わりますので、最新の情報をご確認いただき申請をしてください。

投稿者:a.set

コメント(0) | トラックバック(0)

aset English channel #21 Bring up, Grow up & Grow!?

今日は蒸し暑い1日でしたね。
もう8月になろうとしているの梅雨の様な天気が続いています。
今回のエイセットチャンネルは育てる、育つ、という表現です。自己紹介をする時などで使えますよ。
会話の中で使ってみましょう!


aset English channel #21

投稿者:a.set

コメント(0) | トラックバック(0)

イギリス留学情報 =イギリスSVV(Student Visitor Visa)=

昨日に引き続き、イギリスのビザについてそれぞれの種類を見ていきます。

今日はStudent Visitor Visaです。(6ヶ月未満の滞在)
◆6ヶ月未満の就学を希望する場合は、出発前に日本でビザ申請をする必要がなく、
イギリス入国時に学生訪問ビザ(Student visitor visa)のスタンプを押してもらえます。
◆英語力の規定はありませんので英語能力を証明する必要はありません
◆現地で学生ビザへと変更することは出来ません
◆延長を希望する場合は、一度日本に帰国して学生ビザを申請する必要があります
◆アルバイトをすることは認められていません
◆入国の際に、学校の入学許可書、滞在費証明、
滞在先の詳細、帰国便の航空券など必要書類を提示して下さい

投稿者:a.set

コメント(0) | トラックバック(0)

イギリス留学情報 =イギリス滞在ビザの種類=

今回は留学先の中でも大変人気がある、イギリスへ留学を希望される場合に必要な
ビザの種類をご紹介いたします。

大きく分けて下記の3つのビザの種類があります。
◆General Student Visa (6ヶ月以上滞在の場合に必要なビザ、申請時に英語力証明必要)
◆Extended Student Visitor Visa (11カ月まで滞在できるビザ、申請時に英語力証明不要)
◆Student Visitor Visa (6カ月未満の滞在の場合のビザ、申請時に英語証明不要)

Student Visitor Visaは出発前に日本で申請をしなくても、
イギリスの空港でスタンプを押してもらう事が出来ます。
その他の2つについては、日本での事前申請が必要です。

その他、17歳未満の方には子供専用のビザを申請する必要があります。

注意:イギリスのビザルールは頻繁に変更がありますので、
申請をされる場合は、必ずオフィシャルのウェブサイトなどで、最新の情報を確認してください。

投稿者:a.set

コメント(0) | トラックバック(0)

カナダ留学情報 =カナダIEC(ワーキングホリデー)情報=

昨日に続いてカナダワーキングホリデーの情報です。
今日は申請手続きの流れをみてみましょう。

2013年1月から申請の方法が大きく変更になり、
ステップ1、ステップ2と2段階の手続きを踏むことになります。

◆ステップ1(申請書類の郵送)
必要書類をカナダ大使館へ郵送をして、参加資格に問題がないかどうかの確認を行います。
この時に申請料も事前に支払います。
      ↓
カナダ大使館より参加資格確認のメールが届く
      ↓
◆ステップ2 (オンラインでの申請)
オンラインで必要事項を入力し、書類をアップロードします。
      ↓
審査の後、問題なければ許可がおりて、ワーホリビザ書類が
オンラインで送られてきます(PDFファイル)
これをプリントアウトして、カナダ入国の際に提示します。     

注意:申請の方法は最新の情報を、オフィシャルのウェブサイト等で必ずご確認ください。

投稿者:a.set

コメント(0) | トラックバック(0)

カナダ留学情報 =IEC(ワーキングホリデー)申請情報=

ワーキングホリデーのビザは10ヶ国以上の国で募集をしていますが、
中でもカナダのワーキングホリデー(IEC)は人気のビザです。
1年間の滞在が可能で、現地で学校で英語を学ぶことが出来て、働くことも認められています。

それでは、カナダのワーキングホリデービザを申請するにあたり、
どの様な条件を満たす必要があるのでしょうか。

◆日本国籍を有している
◆年齢が申請書受理時点で18歳以上30歳以下である(出発時の年齢ではありません)
◆以前にこのプログラムを申請し、ワーキングホリデー就労許可通知書の発行を受けていない
◆最低2,500.カナダドル相当の資金を有している(日本円でおよそ25万円)
◆滞在期間中の障害、疾病をカバーする海外医療保険に加入すること
(カナダに入国する際に保険の加入を証明するものを提示するよう、求められる場合があります)
◆150カナダドル相当のプログラム参加費の支払いができること
◆カナダ国内で仕事がまだ内定していないこと

以上が、申請の条件です。
今年度2013年の定員は6,500人です。

投稿者:a.set

コメント(0) | トラックバック(0)

オーストラリア留学情報 =ブリスベン語学学校紹介=

海外へ留学生の方をお送りしていると、現地の語学学校のスタッフの方と
お仕事する機会が増えてきます。
昨日もオーストラリアのブリスベンにある語学学校から
スタッフの方が日本出張の際にエイセットを訪問して下さいました。

このスタッフの方とは以前にも何度かお会いしていまして、
(毎回来ていただいています)
今回もわざわざ京都に寄っていただきました。

Sarina Russon Schools


語学学校の隣には専門学校が併設されており、
現地の学生たちとと一緒に学ぶことができて、
交流もあるので、非常に刺激的な留学生活が期待できます。

通常、語学学校では自分のレベルに応じてクラス分けがされ、
同じレベルの人と学びますが、この学校は読み、書く、話す、聞くのスキルの
それぞれの違ったレベルのクラスを受ける事ができ、苦手分野においても
さらに細かい指導が出来るような独特のシステムを取り入れているのが特徴です。

また人気のインターンシップのプログラムもあります。
英語コースを受けた後に学校の提携先の企業にてワークプレイスメントがあり
実際に働きながら語学、スキル、社会経験を積む事が可能です。

もともと企業と、就職希望者の間に入ってリクルート事業を手がけていたため
この学校で学んだ後に、専門知識やスキルを見に付けて就職する人も少なくないようです。

ご興味がある方は、お気軽にお問合せください。
 

投稿者:a.set

コメント(0) | トラックバック(0)

aset English channel #20 Have to & must

おかげさまでエイセットチャンネル20個目のアップロードです。
これからもよろしくお願いいたします。
今日はhave to & must.
学校で習ったものとは一味違う使い方をジョンが説明してくれます。

aset English channel #20

投稿者:a.set

コメント(0) | トラックバック(0)

アメリカ留学情報 =アメリカ学生ビザ申請=

アメリカの語学学校や大学、コミュニティーカレッジなどで授業を受ける人は
学生ビザを出発前に申請をして取得していく必要があります。
アメリカの学生ビザはF-1ビザと呼ばれていまして、週18時間以上の授業を受ける場合は
滞在期間に関わらず申請が必要になってきます。
週18時間未満の授業で滞在期間が90日未満の場合に限り学生ビザの取得は必要ありません。

まず行きたい学校に申込みをして、
I-20という入学許可書を学校から手に入れます。
それからインターネットでD-156という書類を作成します。
その他必要な書類(英文成績証明書、英文預金残高証明書、カラー写真、I-901など)
を揃えて、アメリカ大使館でも面接の予約をします。
面接確認書と必要書類を持参して面接に臨みます。
その他ビザ申請料の支払い手続きなどもする必要があります。

申請からビザ発給・受領までの所要時間は、通常面接終了後1から2週間かかりますが、
申請時期や混み具合によって変わりますので、時間に余裕を持って申請しましょう。

エイセットではアメリカ語学学校、大学等のご紹介、ビザ申請サポートのサービスを提供しています。
アメリカへの留学をお考えの方は、留学計画作成の段階からお気軽にお問合せください

投稿者:a.set

コメント(0) | トラックバック(0)

ニュージーランド留学情報 =オークランド語学学校紹介=

先日、ニュージーランドのオークランドにある語学学校のスタッフの方が、
エイセットのオフィスを訪問してくださいました。

Cornell Institute of Business & Technology
http://www.cornell.ac.nz/

一般英語と専門学校の2つの校舎が市内にあります。

英語専門の学校は全生徒数が70 - 90名と多過ぎず、
生徒同士、先生と生徒の距離が非常に近く、学んでいる生徒の方は大変満足されているようです。
全生徒数に対する日本人の割合は10%ほどで、
その他、東南アジア、南米、ヨーロッパなどの国々から生徒が来ていて、
バランスの良い構成になっています。
ですのでいつも日本人同士でかたまって留学生活を送ることはなさそうです。
一般英語コースの他に、IELTS、TOEFLなどの試験コースも充実しています。

一方、専門学校の方は、
ビジネス、IT、コンピューターソフトウェア開発、料理、ホスピタリティの各コースがあり、
世界中から来た、たくさんの学生が学んでいます。
コース終了後は、現地で仕事に就く人が多く、
技術を身につけてキャリアを積んで行く人には最高の環境です。

またi career という、就職準備、企業との橋渡しの役を担う、オフィスも設置されているため、
仕事を探す上で、心強いシステムが確立されています。

ニュージーランドはおおらかな国で、自然が多く、
物価も比較的安く、暮らしやすいと評判の国です。
興味がある方はお気軽にお問合せください。

投稿者:a.set

コメント(0) | トラックバック(0)

オーストラリア留学情報 =学生ビザ申請=

オーストラリアで学校に行き、3ヶ月以上滞在する場合は、
日本で出発前に学生ビザを申請して取得する必要があります。

学生ビザの申請はコース開始日の4ヶ月前から可能で、
インターネットを使って行う E-visaになります。

申請にあたっては、下記の条件を満たす必要があります。
パスポート
入学許可証(eCOE)を入手すること
滞在に十分な資金を保持していること
指定された病院にて健康診断を受け、パスすること
OSHC (Overseas Student Health Cover)に加入していること

申請をしてから取得までにかかる時間は大体、1週間から3週間程度です。
なるべく早めに余裕を持って準備をしましょう。
学生ビザを取得すると、週20時間以内のアルバイトが認められます。
また、ビザの延長も現地にて可能です。
 
オーストラリアに留学をお考えの方は、お気軽にお問合せください。
 

投稿者:a.set

コメント(0) | トラックバック(0)

イギリス留学情報 =ロンドン芸術大学=

ロンドンにUniversity of the Arts London という大学があります。
6つのカレッジからなるアート大学で、イギリスに限らず世界100カ国以上の国から
たくさんの生徒が学びにくる人気の学校です。

それぞれの分野に質の高い内容のコースを提供しています。
そのUniversity of the Atrs London には
将来大学入学を目指す、英語を母国語としない生徒のために、
英語コースを提供する The Language Centre という学校があります。

http://www.arts.ac.uk/languagecentre/

一般英語の他に、芸術系大学ならでわのEnglish plus Fashionや
English plus design などのコースがあり、本コースに行く前に英語+芸術を学ぶことが可能です。

将来、ロンドンでアートカレッジ進学を考えていて、英語力を伸ばしたい方には
最適の学校です。
ご興味がある方は、是非ご検討ください。
 

投稿者:a.set

コメント(0) | トラックバック(0)

イギリス留学情報 =ロンドン 語学学校紹介=

 イギリスのロンドンにある語学学校の紹介です。


London School of English
http://www.londonschool.com/


ロンドンに2つの校舎をもち、今年でなんと創立100周年を迎える歴史ある学校です。
先日、この学校の最高責任者の方が、エイセットを訪問してくれました。
彼は毎年この時期に、日本を含むアジアの会社を訪れるビジネストリップをしています。

今年は残念ながら、エイセットから彼の学校には生徒さんは送る事が出来なかったのですが、
それにも関わらず忙しいスケジュールの合間をぬってオフィスに来てくれました。
1時間あまりでしたが、留学生の現状、マーケットの動向など話をさせてもらいました。

ビジネス英語に特化したコース、大学進学に向けたコースなど、
より質の高い授業を提供しています。
生徒の平均年齢が、他の語学学校よりも高いので、落ち着いて学ぶことが出来る、
と好評です。

この学校のコースに興味がある方はお気軽にお問合せください。

投稿者:a.set

コメント(0) | トラックバック(0)

aset English channel #19 Negative Tag questions

今日は祇園祭の宵山。
すでに京都の街中はたくさんの人です。
みなさんは行かれましたか?

今週のエイセットチャンネルは先週に引き続きTag questionsです。
今回はネガティブなパターンです。
質問の仕方と、答え方をみてみましょう。

aset English channel #19

投稿者:a.set

コメント(0) | トラックバック(0)

aset English channel #18 Positive Tag Questions

今週のエイセットチャンネルはTag questions
これも便利な表現ですので、会話の中で使ってみましょう。

 aset English channel #18

 

 

投稿者:a.set

コメント(0) | トラックバック(0)

嬉しいニュースです!!

4月から、IELTSの試験に向けて勉強されている生徒の事がおられます。
来年にイギリスのアートカレッジに入学を希望されていて、その入学条件としてIELTSのスコアを
求められています。

そして先日試験があり、初めての受験にも関わらず、なんと一発クリア!!!
求められていたスコアを見事取られました。
しかもプレセッショナルコースを飛び越えて、目標にしていた本コースから入学出来る条件を満たすのスコアです。
これは大変重要で、時間的にも費用的にも非常に節約できます。

ご本人は何度か試験を受けられて、その中でなんとか求められていたスコアをクリアするつもりでした。
蓋を開けてみると、見事な結果でした。

教えていた講師もこのニュースを聞いたときは大喜びです。
二人で頑張ってきた甲斐がありました!


 

投稿者:a.set

コメント(0) | トラックバック(0)

aset English channel #17 ago

火曜日はエイセットチャンネルの日。
今週は、agoです。
今から、何時間前、何週間前、何年前など過去の事を言う際に使います。
before という単語と混同しないように、会話の中で使ってみましょう!

aset English channel #17

投稿者:a.set

コメント(0) | トラックバック(0)


最新の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新のコメント

まずはお気軽に無料体験レッスンにお申し込みください。
お申し込みはこちら お電話でのお問い合わせは075-585-8522

【電話受付時間】
平日 9:00~21:30(土曜日は18:00まで)

留学でお悩みの方へ!京都で留学無料カウンセリング実施中!

現在、留学を予定されている方へ不安や悩みなどお気軽にご相談いただけるよう無料でカウンセリングを実施しています。ご希望の方はお電話いただくか専用フォームよりメールでご連絡ください。

お申し込みはこちら
派遣英会話レッスン!京都で無料体験実施中!

現在、派遣英会話の無料体験レッスンを実施しています。ご希望の方はお電話いただくか専用フォームよりメールでご連絡ください。

お申し込みはこちら
  • TOEIC特訓クラス
  • 京都の大学生・大学院生・研究者の方々へ
  • 無料体験レッスンからレッスン開始までの流れ

生徒様の声

エイセットブログ