エイセットブログ 世界に出とくべきやな、そら

鳴門の渦潮

なぜ今日は渦潮について書こうと思ったかと言うと
特に意味はありません。
ふと鳴門の渦潮が頭に思い浮かんだだけです。

まず何故渦潮が出来るかというと
鳴門海峡は中央部は深く水深100mぐらいあります。
その中央部の両岸は浅瀬になっています。
中央部の潮流は抵抗なく早く流れます。
この流れを本流と呼び、
抵抗がある浅瀬での潮流の流れは緩やかです。

本流と両岸の緩やかな流れの境目あたりで
本流の速い流れに巻き込まれるように渦潮が発生する
という仕組みなようです。

実際この目で渦潮を見た事はまだありません。
大きいものになると直径20m以上になることもあるそうです。

それでは鳴門の渦潮は右巻きか左巻きかどちらなのでしょうか?
理論的には、本流の両サイドで渦の巻き向きが違うはずですが
実際は右巻きの渦がほどんどだそうです。
本来左巻きの渦が出来るべき場所にはあまり渦が出来ず(見られず)
左巻きの渦を見る事が出来るのはまれだそうです。
またひとつ勉強になりましたね。

次回四国に行く機会がある時は是非渦巻き観察をしてみて下さい。
 

短期集中コースもあります。 京都烏丸御池での英会話レッスンはa.set

投稿者:a.set

コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック

トラックバックURL: http://www.a-set.jp/mt/mt-tb.cgi/222


最新の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

まずはお気軽に無料体験レッスンにお申し込みください。
お申し込みはこちら お電話でのお問い合わせは075-585-8522

【電話受付時間】
平日 9:00~21:30(土曜日は18:00まで)

留学でお悩みの方へ!京都で留学無料カウンセリング実施中!

現在、留学を予定されている方へ不安や悩みなどお気軽にご相談いただけるよう無料でカウンセリングを実施しています。ご希望の方はお電話いただくか専用フォームよりメールでご連絡ください。

お申し込みはこちら
派遣英会話レッスン!京都で無料体験実施中!

現在、派遣英会話の無料体験レッスンを実施しています。ご希望の方はお電話いただくか専用フォームよりメールでご連絡ください。

お申し込みはこちら
  • TOEIC特訓クラス
  • 京都の大学生・大学院生・研究者の方々へ
  • 無料体験レッスンからレッスン開始までの流れ

生徒様の声

エイセットブログ