エイセットブログ 世界に出とくべきやな、そら

articles

日本人にとって大変わかりにくい部分です。

正直会話の中であまり気にし過ぎずに、間違ってもいいので
どんどん話していけばいいと思うのですが、
やっぱり気になってしまいます。

John : Do you have any kids?
Mark : Yes, a boy and a girl.  The boy is 5 years o;d and the girl is 3 years old.

これが一番端的な例です。
Markが最初にa boy and a girlと言います。
これは始めてMarkの息子さんと娘さんの事を話したのでaが付きます。

次にthe boy and the girlと言っていますが、これはJohnがどの子供について
Markが話しているかわかっているため、theを付けます。
要するに話の中で初めて出てきたものについては、a,anをつけ
のちに話し手と、話し相手が何について話しているかわかっているものには
theを付けます。

その他、theはこの様な時に使われます。
the moon, the Kyoto Tower (一つしかないもの) 
the Atlantic, the Nile (海や川)
the biggest, the cheapest (最上級)

最初にも書きましたが、間違いをあまり気にせずに
ルールを覚えるというよりは、
会話の中で、ネイティヴの人達はどういう使い方を
しているのかを聞き取り、真似をしていった方が上達は早いと思います。
頑張りましょう。
 

大学院生・研究者の方々のアカデミック英会話は京都烏丸のa.set。 派遣レッスンも行っています。

投稿者:a.set

コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック

トラックバックURL: http://www.a-set.jp/mt/mt-tb.cgi/169


最新の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

まずはお気軽に無料体験レッスンにお申し込みください。
お申し込みはこちら お電話でのお問い合わせは075-585-8522

【電話受付時間】
平日 9:00~21:30(土曜日は18:00まで)

留学でお悩みの方へ!京都で留学無料カウンセリング実施中!

現在、留学を予定されている方へ不安や悩みなどお気軽にご相談いただけるよう無料でカウンセリングを実施しています。ご希望の方はお電話いただくか専用フォームよりメールでご連絡ください。

お申し込みはこちら
派遣英会話レッスン!京都で無料体験実施中!

現在、派遣英会話の無料体験レッスンを実施しています。ご希望の方はお電話いただくか専用フォームよりメールでご連絡ください。

お申し込みはこちら
  • TOEIC特訓クラス
  • 京都の大学生・大学院生・研究者の方々へ
  • 無料体験レッスンからレッスン開始までの流れ

生徒様の声

エイセットブログ